男性型脱毛症は育毛剤と治療で治ります

男性型脱毛症(AGA)とは何か?

男性型脱毛症(AGA)は日本では男性1200万人以上が悩んでいる最も一般的な脱毛症です。
症状としては全般的に髪の毛が細く弱くなっていくのが特徴です。
スカルプケア(ノンシリコン)シャンプー、育毛剤などで何らかのヘアケアを試みている人が、その内、800万人と言われており、巨大なマーケットを形成するほどに、脱毛人口は増えています。
一時期スカルプDのみだったノンシリコンシャンプーランキングに大手メーカーが続々参入しているのは、その良い証拠です。

男性型脱毛症のハゲ方

男性型脱毛症(AGA)のハゲ方は頭頂部から禿げていくO型と、左右の生え際が後退していくM型の2つに大別されます。
M型であれば、額が左右の生え際のところから後退していきます。
O型では頭頂部の髪がまず薄くなっていきます。
円形脱毛症と区別が付きにくいパターンはこのO型です。
人によっては頭頂部と生え際の両方から進行する場合もあります。
また前頭部から頭頂部にかけてはげ上がっていくI型など、いくつかのパターンの組み合わせがあります。
育毛剤や医薬品などで何らかの処置をしなければ抜け毛や薄毛の進行が止められないのが特徴で、数年で頭皮の髪密度はどんどん低下していきます。

男性型脱毛症の原因はいろいろ考えられます。

原因としては一般的には両親からの遺伝、男性ホルモンの影響などが考えられます。
その他にもノンシリコンシャンプーやアミノ酸配合スカルプケアシャンプーでの優しい洗い方、トリートメントなどのすすぎ不足、清潔な頭皮ケアが徹底できていない、円形脱毛症と同じストレス、食生活、喫煙の影響などが考えられます。
遺伝が多いからと言って、オヤジも禿げていたし遺伝かな、だったら仕方ないしね。と諦めないでください。
現在、男性型脱毛症(AGA)に関しては特効薬が出来ています。

早期治療で治ります

初期の男性型脱毛症は円形脱毛症など他の脱毛症との区別が付きにくいのが問題ですが、早め早めの治療が肝心なので、一度、医療機関に行って見たほうが良いと思います。
診断には若干の経過観察期間が必要ですが、法外な治療費を請求されることもありません。
毛髪の診断も国と医療界、そして医師の管理下でガイドラインに沿って行われているので安心です。
副作用なども事前に症状や頻度が説明され、患者の同意のもとに治療が行われるインフォームドコンセントが徹底されています。
色々な発毛方法や育毛法が聞かれますが、安心、安全な医療機関に頼ってみるのが一番です。