男性型脱毛症(AGA)の特効薬プロペシア

フィナステリド(プロペシア)とは?

男性型脱毛症 (男性ホルモン型脱毛症、AGA)の治療は、医療機関でフィナステリド(finasteride、商品名:プロペシア,Propecia)を処方してもらうことが一般的になりつつあります。
一般的にはプロペシアの名前で呼ばれている育毛剤です。
育毛剤として劇的な効果を発揮するこのプロペシアについて、詳しく解説していきます。

男性型脱毛症の特効薬

プロペシアは1日1錠を服用する飲む育毛剤(脱毛抑止剤)です。
日本では開発元である米メルク社の日本法人であるMSD社(旧万有製薬)から発売されています。
日本で2005年に発売が開始されてから、男性型脱毛症の特効薬として評判になりました。
なお後述しますが、その働き方の特性から男性型脱毛症(AGA)にのみ効果を発揮します。
すなわち違う原因、タイプの薄毛や抜け毛には全く効果がありません。

プロペシアの働き方

プロペシアは働き方としては男性ホルモンに作用することで、これ以上の抜け毛を防ぎ、発毛サイクルを正常に戻すことで育毛を促します。
男性型脱毛症 が別名で「男性ホルモン型脱毛症」と呼ばれるように、プロペシアの考え方は脱毛症の原因である「男性ホルモン」が頭皮に悪く作用するのを抑制することで、抜け毛が増えるのを予防するのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)を増やさない

男性型脱毛症では、抜け毛が起こる頭皮にDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度で存在していることがわかっています。
そのためこのDHTこそが、抜け毛の原因物質と考えられています。
ではこのDHTがなぜ増えてしまうのかと言うと、5-αリダクターゼ(5-α還元酵素)という酵素が関わっていることがわかってきました。
男性ホルモンであるテストステロンを、この酵素がDHTに還元することで、大量のDHTを作り出しているのです。

プロペシアはこのテストステロンをジヒドロテストステロンへ変えてしまう5-αリダクターゼの働きをピンポイントで阻害します。
テストステロンと5-αリダクターゼが結びつくのを妨害することで、結果としてDHTがこれ以上作られるのを防ぐのです。

世界で認められた薬効

プロペシアは海外では60ヶ国以上で承認・販売されている治療効果の高い育毛剤です。
アメリカ食品医薬品局 (FDA) は男性型脱毛症に有効な薬として、このプロペシアとミノキシジル(Minoxidil、商品名:リアップ、ロゲイン)のみを認定しています。
確実に効果のある治療薬であり、服用するには医者の処方箋が必要となります。
まずはお近くの病院でお医者さんに御相談下さい。