男性型脱毛症(AGA)はDHT(ジヒドロテストステロン)が原因

男性型脱毛症(AGA)は進行し続ける

男性型脱毛症(AGA)は薄毛や抜け毛がゆっくりと進行するのが特徴です。
最初はなんとなく薄くなってきたか、抜け毛が増えてきたか、生え際が後退してきたか、という程度のことですが、放っておくと薄毛はどんどん進行します。
育毛剤や医薬品でケアしない限り、またノンシリコンシャンプーやマッサージでヘアケアを徹底しない限り、髪の毛の量を維持することはできないのです。
円形脱毛症などとは違い、ストレスの原因を取り除けば自然に治る、というような類のものではありません。

男性型脱毛症の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

男性型脱毛症は、原因物質が男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)とわかっています。
細く短い髪の毛の根元を調べてみると、このDHTが高濃度で存在しています。
5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素がテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)を作りだすのです。

DHTは毛根の毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクルの成長期(2年~6年)を短くしてしまいます。
通常の数分の一、数ヶ月~1年と成長期が短くなるために、髪の毛が太く長く、コシのある健康な状態に成長する前の細く短い状態で抜けてしまうのです。
薄毛の表面に産毛が多く見られるのはこのためです。
その他にもDHTは前頭部や頭頂部では脱毛シグナルを出すと考えられています。

男性型脱毛症は治療可能です

男性型脱毛症が発症するのは、単一の要因と言うよりも、複合的な要因が絡んでいます。
体験談でよく見られるように、タバコやストレス、不規則な食生活などがその要因です。
しかし何らかのきっかけで発症してからは、その進行は確実に進み続けます。
だからこそ、きちんとしたケアをいち早く開始することが大切なのです。
しかも原因がDHT(ジヒドロテストステロン)濃度が濃いためということはわかってきているため、ピンポイントで対策することも可能です。

毛根が死なない限り元に戻せます

男性型脱毛症では髪の毛を元のようにフサフサにすることができるのです。
男性型脱毛症の場合、通常は髪の毛が薄くなっても、毛根は死んでいません。
産毛が生えた毛包が存在しているために、育毛環境を整えてあげることで、髪の毛が元に戻るのです。
細く短く、健康に育たなくなっていた髪の毛も、早めに育毛剤などでケアすることで、進行を止めるだけでなく、元通りの髪に戻すことが出来るのです。